NLPとは

なぜ、NLPを学ぶと多くのことに気づくのか?

NLPを学んだ皆さまより、こんな感想をいただきます。


「NLPを学んで、多くのことに気づけるようになった」

このような感想が出ることは、ごく自然なことなのです。


なせなら、
NLPを学ぶことで、元々私たちの身体に眠っていた
気づきの能力が呼び覚まされるからです。



NLPを学ぶことで、身体の変化、心の変化に敏感になります。

それは、仕事や普段のコミュニケーションでも例外ではありません。


だからこそ、多くのことに気づけるようになった、と思う人が多いのですが、
それは、昔から自分の中に既にあった可能性なのです。

元々、持っていたものに気づけるようになっただけです。




NLPでは、こんな言葉があります。

「すべての人は、既にリソースを持っている」


だからこそ、このリソースに気づくことができれば、
これまでにはなかった変化を体験することができるのです。


決して、新しい知識を得たのたではなく、
すでに、自分の中にあるものに気づくことが上手になっただけです。

本当にそれだけのことなのです。



ただし、この変化をお伝えするのは、とても困難です。
だからこそ、実際に体験をすることをオススメします。

実際に、体験をすることを通して、
多くの変化を体験することができる事でしょう。


もしも、自分の中に眠っている可能性を
引き出したいのであれば、NLPを学ぶことをオススメします。

そうする事で、これまでにはなかった心の変化を体験する事でしょう。

キャンリブレーションを行う際のコツ


NLPのキャリブレーションを行う際には、
どのような点を意識するとうまく行うことが出来るのか?

色々な視点があることと思います。

一般的に、NLPのキャリブレーションを行う際には、
単なる相手の観察に陥ってしまうことがあります。

しかし、実際にはそのような単純なものではありません。


そして、同時にキャリブレーションには、
ポイントがあることに気づきます。

キャリブレーションを行う上で、大事な事とは、
自分自身が思っている以上のことに、
気づくことができるようになることです。


それは、無意識レベルのことかもしれません。
この無意識レベルでの出来事に気づくことが出来れば、

NLPのキャリブレーションのレベルを飛躍的に向上させることが、
できることと思います。

ちなみに、NLPのキャリブレーションのポイントは、
人の眉間の間を観察することです。

人間の眉間の間は、無意識ではコントロール出来ないのです。
つまり、人の意識的な部分が出てくる部分なのです。

ですので、この部分を十分に意識することが出来れば、
自分が思っている以上のことに気づくことができるでしょう。


それは、キャリブレーションの能力の向上に結びつきます。


キャリブレーションを行うことで、
相手の心の感情を知ることができて、
よりレベルの高いコミュニケーションを実現することができるでしょう。

NLPであまり重要視されないテクニックですが、
このNLPテクニックを知ることで、より深くNLPを使いこなすことが可能です。

自分を知るための心理学NLP


多くの人の間で、使われている心理学NLP。

NLPとは、ビジネスツールであるという人もいますし、
コミュニケーションツールであるという人もいます。


ですが、実際の所なんと表現すると、
一番しっくりとくるのでしょうか。


そのしっくりと来る表現は、自分を知るための心理学です。



NLPとは、自分を知るための心理学の一つであると言ってもいいでしょう。

自分の事を知ることが出来れば、
どのようなことをしたがっているのかを知ることができますし、
人間関係での失敗がなくなります。


普段の生活の中では、自分の事を知る時間を作ることは、
中々ないものです。

そこで、NLPを使って自分の事を知るのです。


NLPでは、質問を大切にします。

自分の事を知るための質問です。

この質問をうまく使うことができることで、
自分の事を知ることができます。


主に、自分への質問は、2つの種類で考えられます。

「自分が好んでいることは何か?」
「自分が避けたいと思っていることは何か?」


この2つの言葉と質問をうまく使いこなすことができれば、
自分の心の事を知ることができる事でしょう。


NLPを学ぶことで自分の心の傾向をつかむことができることが、
一番のメリットといってもいいかもしれません。


この自分の心の傾向をつかむことを通して、
自分の人生の設計や人間関係での問題や解決策を
考えることが出来るようになるのです。

とても大事な考え方の一つです。

NLPを学ぶ事で、人生が大きく変わっていきます。

NLPを学んでいる人だったら知りたいミルトン・エリクソン



NLPを学んでいる人であれば、
絶対に抑えておきたい人物がいます。

その人物とは、ミルトン・エリクソンと言われている人物です。

心理学や催眠療法の世界では、
知らない人はいないほどに、有名な人物です。

NLPが、これだけ多くの人に学ばれているのも、
NLPの開発当時に、ミルトン・エリクソンの言葉の使い方を
参考にしたことが関係でしているでしょう。



ミルトン・エリクソンは、催眠療法家でしたが、
クライアントとのコミュニケーションを行なう際の
言葉の使い方やコミュニケーションのとり方が、
かなり秀逸だったのです。

NLPを学んでいることで、ミルトン・エリクソンの言葉を
学ぶことができます。

そして、ミルトン・エリクソンの言葉を知ることが出来ると言うことは、
クライアントの心を治療してきたミルトン・エリクソンの
言葉の使い方を体得し、自分の身の回りの人に使うことができます。

そうすることで、
例えば、ビジネスの現場では、自分が思っていることが、
相手に伝わることになり、これまでにはなかった結果を
得ることが出来るようになってくることでしょう。

それは、人の心を動かすことが出来るようになるからです。



また、ビジネスにかかわらず、人の心を知ることは、
とても大事な事になってきます。

なぜなら、恋愛でも家族とのコミュニケーションでも、
人とのコミュニケーションがうまくできていることで、
いい結果を持つことができます。

恋人や家族とのコミュニケーションを円滑にするために、
ミルトン・エリクソンが使った言葉を使ってみるといいでしょう。

パートが示している未来

NLPの言葉では、パートと言われている言葉があります。
パートとは、心理的な研究をしている人であれば、とても基本的な考え方の一つです。

NLPでも、パートとは多用されており、パートを使って、NLPワークを行います。
NLPでパートを使うことで、どのようなことができるのでしょうか。

普段のわたしたちは、自分の感情に気づくことが少なくなっています。

普段の生活が忙しいですし、
そうすると、自分の心が枯渇していくことを感じることもあるかもしれません。

そのようなことを感じた時には、NLPを使って、
自分の心の状態を振り返ってみましょう。

そうすることで、自分自身の心の状態に気づくことができることでしょう。
NLPを使ってみるまでは、こんな事に気づくことがありませんでした。

しかし、何度も何度も自分の心を扱ってみると、
気づくのです。

自分で抑圧してきた心の状態に。

その心の状態をクリアにすることができれば、
どれだけいいだろうか?ということにも気づきます。

実は、自分の中には、色々な自分自身がいて、
その自分自身がせめぎ合っているのです。

それが、葛藤の状態と言ってもいいでしょう。
この葛藤の状態をクリアさせることによって、
自分にとって、大事な事に気づくことが出来るのです。

もしかすると、自分自身の成長を阻害してきたことにも、
気づくことが出来るかも知れません。

この考え方は、NLPのとても基本的な考え方の一つです。
NLPプラクティショナーコースで、NLPを学ぶとなれば、
この考え方に気づくことができることでしょう。

あるがままの存在を認めること



人の存在をそのまま認めることは、
NLPで言う所の自己重要感を満たすことができるものです。

●●をしているから認める、これではその人の事を本当の意味で、
認めていることにはなりません。

そこで、その人の存在そのものを認めることから、
NLPで言う所のラポールが構築されるのです。


ラポール構築には、色々な手法があります。
ページング、ミラーリング、バックトラッキング。

これらの方法があるかと思いますが、
これらの方法は、あくまで方法論ですので、本当の意味での
ラポールを構築する事にはなりません。

むしろ、そのようなテクニックにはしることによって、
本当の意味でのラポールを構築することができないこともあるぐらいです。

そこで、一番大事な事とは、その人の心のうちを
把握してみる事です。

それは、その人の存在をそのまま認めることです。
そうすることで、その人とのラポールを構築することができます。

NLPを学んだことで、ラポールやコミュニケーションのテクニックは、
向上するのですが、あくまで知識面での成長に過ぎません。

本当の意味でのラポールテクニックとは、
目の前の人の事を心の底から認めることができる、
そのような心の広さではないでしょうか?

そのような心の広さを獲得することができることで、
これまでにはなかった経験をすることができるでしょう。

人間関係におけるコミュニケーション能力を
控除させることができるのは、そういった所の変化なんだと思います。



親子で学びたいNLP






親子で学ぶためのNLPを考えて見ませんか?
それは、これまでにはなかった親子の形を示すことになることと思います。

親子関係は、その人の人間関係の縮図と言っても、いいと言えることでしょう。
NLPを学ぶことでそのあたりの変化を感じることができると思います。

親子で、NLPを学ぶことで、これまでにはなかった関係を気づくことが、
できるようになってくること思います。

共通言語を持つことができるようになるので、
当たり前といえば、当たり前のことですが、NLPを
学ぶことで、その事に気づくことができるようになってくることでしょう。

NLP説明会に参加した時に、このような話をされていたことを
覚えています。

「親子関係がうまくいっていないんです」

その人は、親子関係の修復を、NLPにもとめました。
結果的に、NLPを学ぶことによって、それまでの自分の心の状態は、
解消されて行きました。

とても不思議な感覚だったといいます。
それは、言葉で言い表すと、リミットが外れたような感覚だと言います。

リミットが外れることによって、それまでにはなかった
視点に気づくことができたのだと言います。

その結果、その人自身も、その人の両親も、いい関係築くことが、
できるようになっていったと言います。

NLPを学んでいる人は、このような不思議な感覚がとても多いようです。
だからこそ、とても大事な事です。

NLPを学ぶことは、今までにはなかった視点に気づくことを
受け入れることになるようなプロセスです。




NLPとは、何度も繰り返し、身につく






NLPとは、何度も繰り返しているうちに、身につくものであると、
わたしは感じることがとても多くあります。

なんでもそうですが、繰り返しということは、

とても大事な事なんだと思います。

そのことに気づくことができたのは、
NLPを通してのことでした。

NLPセミナーでのことでした。

何度も繰り返して、NLPを学んでいるうちに、
自分の中で、何か変化を感じることがありました。

そのへんかは、具体的に言うと、どのような変化だったかは、
あまり明文化することができないものです。

しかし、実際にその気づきを持つことができた瞬間に、
色々なことがつながる感覚を持ったことは言うまでもありません。

これまで、学んできたNLPの根本的なところが、一つにつながっていくような
そんな感覚を持つことができるようになりました。

このことにきづくことができることで、
これまでにはなかったことに気づいたのでした。


それは、NLPだけに限った話ではありませんでした。
自分のこれまでのNLPだけではない行動のレベルについても、
見直す機会を持つことができるようになったのです。

自分自身の行動の意図を知ることができたことも、
そのあたりのことがとても大きかったことでしょう。

NLPを繰り返して学んでいると、自分の限定的な視野を
広げることにもなります。

この違いに気づくことができることで、
これまでにはなかったこにも、気づくことでしょう。

とても大事な事です。
自分の行動を省みることとなるのです。





NLPで価値基準を定期的に見直す





NLPを習っている人にとっては、
おなじみのNLPのテクニックかもしれません。

NLPの価値基準のワークを覚えていますか?
わたしが、NLPコースに参加している時に、
色々な気づきを得ることができたものです。

このNLPの価値基準について、考えなおすことが、ありました。

NLPを勉強していると、自分の価値基準について、
考えることができるようになってきました。

この視点を持つことができるのは、
とても面白いものです。


わたしは定期的に価値基準を見直すことをしているんです。
そのたびに、面白い事に気づくことが出来るんですね。

また、かこのわたしの勝ち基準を見直すことも、
とても面白いような体験です。

この体験をすることで、さらに知っていることが、
増えていくような感覚を持つことができるのです。

とても不思議なことですよ。

自分の価値観の変遷を知ることが出来ることは、
とても面白いものです。

価値観が、どこかで変わっていることが多いです。
そのようなときには、具体的に背景にどのようなことが、
あったのかを思い出すことも面白いです。

そして、NLPを学んだ人におすすめするのは、
定期的に、自分の価値基準を見直すことです。

そうすることで、これまでには気づくことがなかったような事に、
気づく瞬間が訪れることと思います。

これも、面白い所です。
短い時間でも、やってみるといいでしょう。

色々な事に気づくことが出来ることと思います。

NLPの価値基準の話でした。
コミュニケーション能力の向上にも、
役立つことと思います。






NLP体験会で知ったあと一歩の難しいさ





NLPを学んでいて、思うことがある。
それは、あと一歩の難しさだ。

残り少しの所で、心が折れてしまう。
あるいは、この程度でいいかな、と思ってしまうことがある。

このような心の体系を変えるには、NLPを使うことが有効です。
その事に気づいたNLP体験会での話を紹介します。

NLPとは、神経言語プログラミングの事を指します。
心理学とも言われていますし、最近では、ビジネスの現場で、
使われていることがとても多いように思います。

元々は、セラピーの1つとして開発されたのですが、
現在では、ビジネス心理学や実践心理学の1つとして、
挙げることができるのが、このNLPdせう。

このNLPのことを学ぶことで、
コミュニケーション上手になることができるようになりますし、
その上で、感じることが出来ることと思います。

そして、NLPとは自己啓発の側面も持っているものです。
とても面白いものですが、このような複数の側面をNLPは持っています。

そして、NLP体験会で「後一歩の難しさ」ということですが、
この点に気づくことができたのは、私の中で、大きな前進でした。

基本的に、わたしはぎりぎりのラインでできないことが、
たくさんありました。

その理由について、考えることもあったのですが、
その理由は見つかりませんでした。

最近、わかったこととして、挙げることができるのは、
心理的な潜在意識の要因がとても大きなものであるということが、
わかってきました。

そのことに気づくことができたのが、
NLP体験会で起こったことなんだと思います。




心理学と呼吸の関係性





NLP心理学の勉強をしていると、一つのことに気づきます。
それは、心と身体の関係性です。

色々な関係性がありますが、その中でも特に注目することができるのが、
身体の部位の中でも、その呼吸に対する身構えです。

心と身体の関係性を持つことができるようになってくることで、
色々な可能性を模索することができるようになってきます。

例えば、このような事がそのひとつのこととしてもいいでしょう。

NLPの言葉には、VAKモデル(代表システム)と言われているものがあります。
この言葉で解説することは、人の五感は、3つにわけることができ、
視覚・聴覚・身体感覚から物事を認識している、ということです。

この事から感じられることは、様々な事があるのではないかと思います。
しかし、この事から感じることができることは、
とても面白い事なんだと思います。

特に、呼吸という観点に立つと、その面白さに気づくことができます。

呼吸が早い時には
どのような印象を持ちますか?

呼吸が早い時には、緊張感を持つのではないでしょうか。
NLPでは、身体論についてとても深い造詣を持っているので、
NLPを学んでいる人は、その辺りのことが
よく分かっていると思います。

わたしの知り合いのNLPトレーナーさんは、
身体の使い方について、とても注意深く見ていたといいます。

NLPコース体験でも、その事を感じることができると思います。

それぐらい、身体の呼吸に使い方は、
とても大事なもののようです。

NLPは、心について知ることができるように思いがちですが、
実は、身体の動きについても知ることができるものなのです。

ですので、その点については、色々な事を考えてみると、
いいのではないでしょうか。

心理学NLPと呼吸の関係は、このようにかなり深いものであると言えるでしょう。

場のマインドが教えるNLP






NLPの勉強をしていて、いろいろなことに気づきますが、
一旦一つの頭打ちかな、と思っていることがありました。

しかし、NLPは勉強すればするほど、奥が深いものです。
最近も、このことに気づく機会がありました。

それは、自身の体を使ったNLPのテクニックなのですが、
場のマインドの生成といった言葉で使われていました。

人が思っていることとして、その事が見えるようになってくることは、
とても大事な事なんだと言えると思います。

人の感情は、場によって影響を受けてしまうものです。
ですので、この点について考えることができれば、この事は、
深くプラスに働くことになってくることと思います。

自分の環境をどのような雰囲気として、作ってくるのかを
考えてみると、とてもいい感じになってくることと思います。

NLPのニューロ・ロジカル・レベルでも、言われていることですが、
ニューロ・ロジカル・レベルの一番の土台となってくるレベルは、
環境レベルと言われています。

このレベルを知ることができると、かなりいい感じになってくることと思います。
この点についてのことがわかってくることで、自分自身が思っている以上のことが、
見えてくるようになってくるでしょう。

自分がどのような環境の中にいるのか?
その事は、NLPをビジネス使う上でも、この考え方は、
とても大事な考え方の一つとして挙げることができます。

自分の周りの環境がどのようなものであるかを
考えてみてくださいね。




NLPの未来について







NLPは、今後どのような風に変わっていくものなのかを
想像してしまいます。

本来、NLPとはセラピーの一つとして開発されたものですが、
現在では、ビジネスなど、ほかの分野でも使われることが増えました。

なぜに、このような変化になってきたのかを知ることができると、
今後のNLPの未来について、知ることができると思います。

NLPは、今後どのような分野に進出していくのか?
そのことについて考えてみました。




NLPのとくちょうについて考えるときに、
ひとつの考え方を知ることができるかと思います。

NLPは、「うまくいっている人を分析した心理学」ということ。

つまり、NLPを使っていることによって、
うまくいっている人の理由が解ってくるわけです。

現在は、主にうまくいっている個人の方の行動分析を
することが多いのだと思います。

しかし、このあたりのことは、段々と変わってくることと思います。
例えば、このような事ですね。

これまで、NLPが個人の領域としてきたことが、
組織全体として機能するようになってくるのだと思います。

この事は、かなり大きな成果を産むことになってくると思う。

うまくいっている組織について、普遍的な要素を
導きだすことによって、その事をNLPの言葉で置き換える。

別の言葉で言うと、MBAといった所になるのだろうけど、
NLP理論は、MBA理論といってもいいのだと思います。


NLPを大阪で教えているNLPトレーナーさんと
このあたりの話を飲み会でさせていただきました。




NLPとは?セミナーに参加してからの変







 
NLPとは、どんなものであったか?
人によってその意味合いは変わってくると思いますが、
わたしんとってのNLPは、どのような存在だったかを
考えることにしました。

・NLPセミナーで勉強して気づいた事

NLPセミナーに参加して、きづいた事は、
NLPが、どのような人に使える心理学であるということでした。

わたしでもつかうことができましたし、
周りの人もそれぞれの人が業種を問わずに参加していたことが、
深く印象に残っています。

ですから、この事からもわかるように、
NLPは業種を問わずに参加することができるビジネスセミナーで、
ある事がいえるのではないかということです。

実際に、わたしはNLPを学ぶことによって、
色々なことを学びました。

そして、その事は他の受講生の方も同じでした。

面白いと思ったことは、その学びの点が、
人によって全く違うということです。

わたしが感じたNLPの視点と周りの方のNLPの視点は、
おおきな違いがありました。

そのような事は、別の視点を持つことが出来るということで、
かなり有益な時間でした。

自分にはないような考え方を知ることが出来ましたからね。



NLPセミナーに参加してから、感じた変化は、
自分の中だけでおこったことではなく、他の受講生から、
話を聞いた中でわかってきたこともありました。

周りの方の話を参考にすることができるようになったことも、
NLPセミナーを受講して得られた一つの変化に思います。




コミュニケーションは、何を指すのか?






とても今更かもしれませんが、
コミュニケーションというキーワードの意味について考えると、
意味がとても広いことに気付きます。

対人関係のコミュニケーションを指すのか、
対自分とのコミュニケーションを指すのか。。。


コミュニケーションには、色々な意味がありますよね。

・言葉を使ったコミュニケーション
・ボディーラングエイジを使ったコミュニケーション
・表情を使ったコミュニケーション


現在では、情報のやりとりもコミュニケーションの一つとして、
数えられているようです。

少し前までであれば、考えられなかった
コミュニケーションの体系が、生まれているようです。

それは、携帯電話だったり、パソコンのメールだったり・・・。
webサイトの情報であったり。

今後も、コミュニケーションの事について、書いていこうと思っています。
もちろん、NLPとコミュニケーションは、とても意味が近いものですからね。

コミュニケーションとNLPの関係性についても書こうと持っていますが、
まずはコミュニケーションいについての情報を知りたいところだと思います。

これまでも、そのことについては、書かれてきましたが、
さらに色々な事について触れていきたいと思います。

コミュニケーションは、人の生活の根底をなすものであると思いますから。
しっかりとコミュニケーションが取れていると
良い人間関係を築くことができますね。